クサノオウ(薬)

y-83

クサノオウ(薬)
俗名 別名: クサノオウ(瘡の王・草の黄)

季節 春 5 月
特徴 平地の道端や草地などに、いたるところに芽を出す生命力の強い植物です。
効能 皮膚病や丹毒に効く薬草。
[コラム] 葉や茎から黄色い乳液を出し、傷につけると痛み止めなどになるが、食べると有毒。