マムシグサ(薬)

y-126

マムシグサ(薬)
俗名 学名:Arisaema limbatum

季節 夏 7 月
特徴 正式には「ミミガタテンナンショウ」といい、別名が「 マムシグサ」だ。
[コラム] 葉の広がる様子が耳たぶのような仏炎包の形で、夜空に広がる星をたとえたもの。